本文へスキップ

株式会社ジャパンハウジングは福岡県 熊本県を中心とした総合リフォーム会社です。

real estate外構・エクステリア工事

門扉・門柱工事・フェンス工事・玄関アプローチ工事・デッキ・テラス工事・カーポート工事

外構・エクステリアとは・・・

エクステリアを考える上で大切なのはどのようなことでしょう。
それは「どういう風に家の外側を使いたいか」ということです。
これもインテリアに例えてみましょう。リビングのインテリアを考える際に、
まずリビングをどんな風に使いたいか、を考えれば、それに必要なものや配置が分かりますよね。
家族がくつろげるようにしたいならテレビや大きなソファが必要ですし、
子どもがリビングで勉強できるようにしたいなら、そのためのテーブルが必要になります。
またリビングのカタチやドアの位置などで配置も変わります。
エクステリアも同様に車や自転車を何台とめたいのか、
子どもが遊べるような場所が必要なら芝生か?あるいはデッキか?
動線や外部の敷地のカタチ、玄関などの位置などを考えて門やフェンスといった外構を配置するように
考えることが大切です。

土間・犬走り新設工事

先ずは表面の土砂を取り除いて整地の後、
基礎砕石を敷き詰め、更にワイヤーメッシュを
敷いていきます。
 
  手押し一輪車に移した生コンをコンクリート
駐車場となる土間に運んで行きます。
土間の奥、周囲から一杯ずつ流し込んで
いきます。
生コン打設は工場出荷時から
1.5時間〜2時間以内
(25度以下の場合)での打ち込み完了が規定です。
  土間コンクリート打ちがされると次は生コン
均らしの作業。
長靴のまま生コンの中に入っていき、土間の奥から
手前にとコンクリート表面を水平に整えながら均し
が進めていきます。
単純に表面を撫でるのではなく、
高さはもちろんコンクリート量
(密度)をコテから手に伝わる感覚で察知しながら、
押したり混ぜたりの工程が加わっている繊細な
作業なのだそう。
この生コン均しの善し悪しがこの後の押さえの
工程にも影響する、云わばコンクリートガレージの
仕上がり具合が決まってしまう重要
な作業です。
それを念頭に踏まえながら、先程述べたように
打設規定時間との戦いでもあるので手早く、
しかも確実な仕事が求められます。
ある程度の均しが進むとアルミ定規を用いて、
広い範囲で水平を出していきます。
(但しこの現場は元々の基礎や水道等配管の関係で緩い
傾斜が付いた地盤なので、その傾斜面に対しての平行です)
生コン量が多くて盛り上がっていればアルミ定規で
その分を空いて、量が少なく窪んでいれば足すといった
具合に全体のバランスを見極めながらの作業なのです。
  一輪車で一杯目の生コンを流し込んでから、
生コン均しが完了するまで約一時間で作業を
終えましたので、
JJIS規格の生コンクリート打設規定に照らし
ても十分に規定時間内。
この後、数時間の乾燥をして養生します。
となる前に道路に敷いていたブルーシートを
片付けて、こぼれた生コンを水で綺麗に洗い
流します。
現場周辺の後片付け、復旧も大切な仕事の一つです。